みきねぇのマルチポテンシャライトな日々

ライターは主婦におすすめの仕事!在宅で月収10万円

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

結婚して子供が出来、仕事を辞めてしまうとなかなか外に働きに行くことが出来な人って多いですよね。
パートやアルバイトでちょっとは家計の足しになるように働きたいと思っていても、子供が小さかったり、親の介護があったりと様々な理由で外で働けない主婦の方も多いのではないでしょうか?

なぜ、ライターを目指したのか

Free-Photos / Pixabay

実際に、私自身も夫の転勤で仕事を辞めざる負えなくなり、その後妊娠出産とどんどん外で働く機会が遠のいていきました。
子供が少し大きくなり、保育園に入れたいと思っても空きがなかったり、入園願書を書く時点では仕事をしていないからフルタイムの人優先で入れてもらえなかったりしました。

そして、パートに出ることが出来ても、子供の体調や幼稚園の行事などで仕事と家庭の両立が難しく、さらに子供に家にいてほしいといわれ外で働くのではなく在宅で働くことを選択しました。

そんな経験から在宅の仕事はないかと探すようになり、2019年3月からフリーのライターをしています。

ライターの仕事を始めてみて、この仕事は主婦の人にお勧めの仕事だなと感じています。
今回の記事では、ライター業のおすすめポイントと、ライターの仕事の見つけ方についてお伝えしていきます。

ライター業が主婦へおすすめな理由

隙間時間でも出来る
在宅で出来る
未経験でも出来る
やり方次第で月10万円も可能

主婦で子育てをしているとまとまった時間がとりにくい。この悩みって本当によく聞きます。
赤ちゃんや未就園児がいる場合はなおさらです。もちろん私も経験者。

何かしたいことがあっても、子供優先になってしまいますよね。
ライターの仕事は書くこと以外にリサーチ業も必要になります。
これは子供がいても隙間時間を利用してすることが出来ます
逆にこの隙間時間に済ませておくと、まとまった時間で一気に書くことが出来ます。

比較的時間が取れるのは子供が寝てからでしょうか。そうなると普通の仕事は出来ませんよね。

ライターのお仕事は外に勤めに行かずに在宅で出来るので自分の好きな時間にできます
子供がお昼寝している最中や寝静まってから、記事を書きあげることで稼ぐことが出来ます。
夜の時間を仕事に当てられるのはうれしいですよね。

ライターの仕事に資格はいりません。未経験からでも出来ます。
どうしても経験がないと二の足を踏んでしまいますが、実際にたくさんの主婦の人が未経験からライターの仕事をしています!

私もこれまで書く仕事をしたことはありませんでした。

ライターの仕事の種類


ライターの仕事には大きく分けて2つの種類があります。
WEBライター
紙媒体のライター(求人、雑誌)

今回この記事で紹介しているのはWEBライターです。

WEBライターにもいろいろ種類があります。

インタビュー
まとめ
専門分野(金融、医療関係など)
美容
子育て

専門的な知識がある場合は、高単価のお仕事がしやすいです。
とくに専門的な知識がない場合でも、子育てのこと、ダイエットのことなど自分が経験したことをもとに記事を書くことが出来ます。

旅行好きなら旅行についての記事作成もよくあります。

仕事の見つけ方

クラウドソーシングに登録
メディアに売り込み
知人友人からの紹介
SNS経由

 

クラウドソーシングに登録して始めるのが一番多いパターンです。
有名どころはランサーズクラウドワークスですね。ライティングに特化しているサグーワークスもあります。

その他、自分の好きなメディアで募集していないかを調べて応募してみたり、周りにライターの仕事を始めたことを伝えて紹介してもらうことも出来ます。

意外と多いのがSNS経由。特にツイッターにはライターをしている人が多くいます。
そしてライターを募集している人も。#ライター募集 などで検索すると出てきます。

ライターの仕事を探す方法は意外と多いです。
紹介してくれそうな知り合いもいない、SNSもやっていない場合はクラウドソーシングから始めるのがお勧めです。

高単価の仕事を受注するには

ライターの仕事は文字単価によって変わってきます。
クラウドソーシングにある案件だと、安いのは文字単価0.1円というものあります。

0.1円で2000文字書いても200円。
1万円稼ごうと思ったら、2000文字の記事を50記事…
これでは疲弊してしまいます。(それでも応募する人もいるのですが)

まずは、文字単価1円から探して仕事をし始めるのがお勧めです。
そのために必要となるのがSEOの知識

SEOって何?という人はこの本を読むとSEOについてよくわかります。



ブロガーやライターのバイブルとまで言われている本です。

そして、専門知識があるともっと高単価の仕事を狙っていけます。
金融系の知識や医療関係などですね。
ほかにもカメラの知識や経営の知識がある場合も単価が高めなことが多いです。

もし、今の時点で高単価に結び付きそうな知識がなくても、分野を絞り記事を書いていくことによって実績を積んでいくことが出来ます。

ライター講座の受講

SEOについて学びたい、自信を持って仕事を受注したいと思い、ライター講座を受講しました。
私が受講したのはこちらの講座。
「ライターとして在宅副業で月収+10万円を稼ぐためのセミナー」
この講座にした理由は、

2円からの仕事を紹介されることが約束されていた
SEOライティングなどの知識を包括的に学べる
地元(名古屋)で開催された

 

受講中にSEOについて学び、記事の添削をしてもらうことで今後ライター業をしていく自信がつきました。

ライターをしてみたいけれど、自信がない人にはライター講座オススメです。
ただ、教えて終わりというところもあるので、講座はしっかりと選びましょう。

選ぶ際には下記もチェック

 

ライターの仕事を紹介してもらえるか
クラウドソーシングなどで案件をとる方法を教えてくれるか

 

ライティングに直接関係のない部分もライターとして仕事をしていくときには大切になってきます。

メリット
SEOの知識、ライターとして知識
仕事の取り方などが学べる
仲間が出来る

デメリット
お金がかかる

ライター2か月目の実績

では、実際に初めて見た私の状況はどうかをお伝えします。
3月4月はこんな感じでした。

ライター講座からの紹介2クライアント(単価2円)
クラウドソーシングから2クライアント(単価1~3円)
SNSから1クライアント(1~1.5円)

記事数はそれぞれ1~4記事

5月は新たにメディアでの仕事も決まっています。

始めたばかりにしてはいい感じなんじゃないかと思っています。

このほかに

事務仕事
講演会主催

といったこともやっているので、ライター業は今の調子で少しずつ実績を積んでいけたらいいなと思っています。

ほかのライターさんをみていると、ライター業にコミットして3か月で10万円突破なんて方もいらっしゃいます。

そして、ライターさんが口をそろえて言うのはコツコツ実績を積むと単価が上がる。
ライター講座を受講した時は初月で10万円頑張ろうと思っていましたが、頑張りすぎて家庭との両立が上手くできなくなるものいやだなと思い直し、半年後に10万円まで持っていけるように目標設定を変更しました。

まとめ

ライターのお仕事は未経験からでも始められる自宅で完結できるため主婦におすすめです。
ライターの仕事の見つけ方は様々なので相性が良い方法で見つけましょう。
初心者の方にはランサーズ、クラウドワークス、サグーワクスなどのクラウドソーシングがおすすめ。

継続すれば、稼げるようになるのがライターのお仕事です。
稼げる範囲は自分次第です!

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.

この記事を書いている人 - WRITER -

関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

最新記事 - New Posts -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© みきねぇのマルチポテンシャライトな日々 , 2019 All Rights Reserved.